★ さとりずむ ★

Amazonプライム・ビデオを中心とした映画レビューブログ。そのほかにも音楽や書籍、育児ネタなどの雑記もあるよ!

映画『ジュラシック・パーク』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル3』徹底レビュー!
映画『オールユーニードイズキル』レビュー!
アニメ『ゆるキャン△』レビュー!

あいち航空ミュージアムに行ってきたよ!

よいこのみなさんハロにちわ!さとる(@)です。

今年(2018年)のゴールデンウィークのことですが、家族であいち航空ミュージアムに行ってきました。

aichi-mof.com

愛知県西春日井郡豊山町にある、県営名古屋空港の国際線跡地に出来た博物館ですね。
エアポートウォークというショッピングモールに隣接する形で、昨年(2017年)オープンしました。

ちなみに豊山町はあのイチロー選手の出身地であります!

駐車場は広い・・・けど

f:id:satorism:20180516210341j:plain

駐車場数は2300台分あるのでかなり余裕がありますが、隣接するエアポートウォークと共用となっているので、モールのみの利用者もいるため、遅い時間に行くと混雑が予想されます。
※実際、エアポートウォークしかない頃からここはすごい混雑してました。

旧国際線ターミナルを改装して使っているので、駐車場への入り方などは空港を思わせる独特な感じで、ちょっとゴチャゴチャしてる。
ショッピングモールとミュージアムにするならば、この辺は全部改修したほうが良かったんじゃないかなぁ?とも思います。

いざミュージアムへ

f:id:satorism:20180516210916j:plain
ミュージアムのエントランスです。
"DEPARTURES GATE"の文字がいかにもって感じ。

写真には写ってませんが、左側に券売所があります。GWだったので、チケット購入までに少し並びました。

料金は、大人:1000円大学・高校生:800円中・小学生:500円となっています。

中に入ると"YS-11"がお出迎え

f:id:satorism:20180516211937j:plain

エントランスを抜けると視界に入ってくるのがこれ!
戦後初の国産旅客機「YS-11」。零戦の設計者である、堀越二郎氏も開発に携わった機体です。

ぼくはにわか航空機ファンですが、やっぱりテンションあがりますよコレは。実機の迫力はやはり間近で見てこそだなぁと思います。

ちなみにエントランスを抜けると吹き抜け構造になっていて、2Fから1FにあるYSを見下ろす形になります。
撮影は2Fで行ったので、このような角度で全体を見ることが出来ますよ。

「名機百選」の展示コーナー

f:id:satorism:20180516212639j:plain

2Fの吹き抜け部分には「名機百選」と題した展示コーナーがあります。日本の航空史に名を残した名機たちが、1/25スケールで展示されています。

1Fはいよいよ実機とご対面

2Fを通り抜けてエレベーターで1Fへ向かいます。

f:id:satorism:20180516213031j:plain
エレベーターを降りてすぐに出迎えてくれるのが、三菱MU-300
ビジネスジェットとして使用された航空機です。どことなくスヌーピーのような顔ですね。

f:id:satorism:20180516213437j:plain「飛行機の工房」というコーナーには零戦が。これがぼくのお目当てでした!

正式名称は三菱零式艦上戦闘機といい、これは五二型と呼ばれるタイプになります。
ミクロネシア連邦のヤップ島というところから回収した機体をレストアしたものらしい。

実機はやはり良いですなぁ!

f:id:satorism:20180516213723j:plain
エレベーターで降りてくると最奥に位置しているのがYS-11です。

ボーイング777などの有名な旅客機、いわゆる「ジャンボジェット」と比較するとかなり小ぶりな飛行機なんですが、間近で見るとやっぱり大きいですね。

零戦と同じ場所に展示というのも感慨深い。
同じ堀越二郎氏が設計し、かたや戦争の道具かたや夢を運ぶ道具と、同じ飛行機でも使い方でこうも違うものかと思わせる。

戦争と平和が紙一重なのがよくわかります。

f:id:satorism:20180516214943j:plain
ミュージアムのロゴが床に投射されているのを見て、興奮気味の長男くん。
「これどこから出てるの?」と不思議がっていました。

展望デッキからは国内線も見えるよ

f:id:satorism:20180516215118j:plain

3Fは展望デッキになっています。
長男くんが見てるのはエアポートウォーク側。反対側が国内線の滑走路になります。

f:id:satorism:20180516215215j:plain
県営名古屋空港の国内線がすぐ横にあるので、このデッキから離発着を眺めることができます。展望デッキに上がったとき、タイミングよく着陸するFDAの機体を見ることが出来ました。

ちなみにエレベーター等に運行情報も記載されているので、離発着が見たい方は時間を調べて行くと良いでしょう。

f:id:satorism:20180516215607j:plain
展望デッキから2Fへ降りる途中で。

左手前が三菱のヘリ、MH2000ですね。
写真中央にある、赤と白の楳図かずおハウスのようなものは「遊覧飛行体験シアター」です。座席が映像と連動して動くので、子どもも大喜びでした。

さいごに

飛行機はなぜ飛ぶのか?といった学べる部分もたくさんあるので、お子さんだけでなく大人も楽しめるかと思います。
でも、飛行機に興味がないとちょっとつらいかも・・・という気がしないでもないです。

ミュージアム見学が終わったら、そのままショッピングモールへと遊びに行けますし、1日中過ごせるかなと思います。
お近くの人も、そうでない人も、ぜひぜひ足を運んでみてください!

今日はここでおしまいっ!参考になれば幸いです。
まったねーーー!

★ 読者になってくれるとすごく嬉しいです^^ ★