★ さとりずむ ★

Amazonプライム・ビデオを中心とした映画レビューブログ。そのほかにも音楽や書籍、育児ネタなどの雑記もあるよ!

映画『ジュラシック・パーク』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル3』徹底レビュー!
映画『オールユーニードイズキル』レビュー!
アニメ『ゆるキャン△』レビュー!

【初見さん向け】スター・ウォーズって結局どれから見たらいいの?に答えます!

よいこのみなさんハロにちわ!さとるです。

このブログを見てくれてありがとう!

 

今日は5月4日。

英語で言うと、"May 4"です。

これを映画「スター・ウォーズ」のセリフ"May the force be with you"(「フォースとともにあらんことを」)とかけ(May the 4th)、今日は「スター・ウォーズの日」なのだとか。

 

「スター・ウォーズ」(以下、「SW」と表記)って、見たことなくても、タイトルくらいは聞いたことがあるんじゃないかと思います。
 

1977年に始まったこのシリーズは、世界中の映画ファンを熱狂させ、今もなお愛され続けています。長い歴史があるゆえに、「今から見てみたいんだけど、どこから見たらいいの?」って言う未見の方も多いでしょう。

これから見始めるビギナーのために、ファン歴20年以上のぼくがお教えしします!

※当記事は「どこから見るべきか」の提案で、物語には極力触れないようになっています。

シリーズはこの順番で見よう!

ズバリ、ぼくが提案する見方は、

4→5→6→1→2→3→R1→4→5→6→7→8→9

で、ある。

※2018年4月現在までの公式発表。

エピソード9は2019年公開予定。また、アニメ作品や小説等の書籍作品は除く。今後もスピンオフが続くので、都度順序が変わると思われます。


4・5・6が2回あるって?それはちゃんと説明しますよっ!
 

現時点では、SWは3つの3部作とスピンオフから成っています。

それが、エピソード1〜3・4〜6・7〜9です。

 

SWファンの中でも、公開順に見るのか、エピソード順に見るのか、「初見さんはどこから見るべきか」は意見が分かれるところです。

 

そもそも、なんでこんなことになってるのかをさらっと説明しておきましょう。

シリーズ第1作は「4番目」

f:id:satorism:20180501181258j:plain

1977年に公開された第1作「スター・ウォーズ」は、エピソード全体から見ると4番目のエピソードとなります。

 

いきなり4番目!?と、思われるでしょうが、公開当時はエピソードの表記はなかったので、単に「スター・ウォーズ」として公開されました。

 

監督のジョージ・ルーカスは最初からSWを全9部作で作る構想でしたが、大きな戦いを描くエピソード1〜3は当時では技術的・予算的に無理なことや、そもそも第1作がコケたらシリーズ化は出来ないこともあり、お話として単発でも楽しめる4番目から作られたという背景があります。

 

第1作の空前の大ヒットを受けて製作された続編が、「エピソード5 帝国の逆襲」とナンバリングされたことにより、第1作目は晴れて「エピソード4 新たなる希望」となりました。


で、現在のナンバリングタイトルはこれ(2018年5月時点)。

  • 「エピソード1 ファントム・メナス」
  • 「エピソード2 クローンの攻撃」
  • 「エピソード3 シスの復讐」
  • 「エピソード4 新たなる希望」
  • 「エピソード5 帝国の逆襲」
  • 「エピソード6 ジェダイの帰還」
  • 「エピソード7 フォースの覚醒」
  • 「エピソード8 最後のジェダイ」
  • 「エピソード9」(2019年公開予定)

 

かくして遥か彼方の銀河系の物語ーSWは、エピソード4から始まることになったのであります。

まずは旧3部作を見る

f:id:satorism:20180502110549j:plain

最初にエピソード4〜6(旧3部作:オリジナル・トリロジー)を見て、SWがどういう世界観なのかを知りましょう。

この3部作では、かつて銀河の秩序を守っていた「ジェダイの騎士」という"伝説の存在"を軸に、「銀河系を恐怖で支配する帝国軍と、それに抗う反乱軍との戦い」が描かれます。

シリーズの最初に位置するエピソード1からでも予備知識なしで見られるとは思うますが、旧3部作を知っているとより楽しめるので、エピソード4から見ることを激しくおすすめします。

ちなみに、SWを代表するキャラクター、C-3POとR2-D2はエピソード9まで全て登場する予定です。

つぎに新3部作を見る

f:id:satorism:20180502105631j:plain

そして次にエピソード1〜3(新3部作:プリクエル・トリロジー)を見る。

この3部作はエピソード4の30年前から始まり、「なぜ共和制が崩壊し、帝国が銀河を支配するに至ったか」が描かれます。

勧善懲悪かつ王道な冒険活劇だった旧3部作に比べ、内容的にシリアスな部分が多いため、重く暗いトーンとなっています。

旧3部作はほぼ無名の俳優3人を主役に据えていましたが、新3部作は有名な俳優を起用したこともあり、そういった楽しみがあります。また、映像面では旧3部作に比べ技術が飛躍的に向上しているので、迫力ある映像を楽しむことができます。

スピンオフも忘れない

f:id:satorism:20180504160559j:plain

再び旧3部作を見る前に、スピンオフ作品「ローグ・ワン」(前述ではR1と表記)を見よう。

スピンオフと思って侮ってはいけません。「ナンバリングタイトルよりも好きだ」という感想もあるほど、ファンをも唸らせる会心作です。

 

時系列ではエピソード4直前のお話ということで、旧3部作へのつながりを意識した演出が随所にあり、ファンは思わずニヤリとしてしまいます。

 

そして、2018年6月公開予定の「ハン・ソロ」。前述のぼくが提案する見る順番には入れてません。

まだ見てないので判断出来ない部分はありますが、エピソードを一気に楽しむ際には、3〜R1〜4の間に挟むとテンポが悪くなりそうなので除外しました。

純粋にスピンオフとして、単体で楽しむ映画かな?と思います。

 

物語は、旧3部作の主要キャラクターの1人、ハン・ソロの若かりし頃が描かれ、エピソード4の約10年前に位置するお話になるとか。

彼の相棒チューバッカ、友人ランド、そして愛機ミレニアム・ファルコンとの出会いが描かれると思うので、楽しみで仕方ありません。

 

そして再び旧3部作を見る

f:id:satorism:20180504160539j:plain

新3部作を見ることで、"なぜ帝国と戦っているのか"がはっきり分かるので、より旧3部作の物語が楽しめるようになります。

 

ちなみに、現在見ることが出来る旧3部作は劇場公開時のものではなく、CG処理を施した97年公開の「特別篇」をベースに、DVD化→ブルーレイ化の度にちょこちょこ修正されたものとなっています。

オリジナル公開版を知っているファンの間では、この修正が激しく賛否が分かれるところだったりします。

物語は新世代へ

誰が言い出したか、エピソード7以降は「続3部作(シークェル・トリロジー)」と呼ばれています。

 

エピソード6から30年後が舞台となり、ナンバリングとしては初めての女性主人公レイを中心に、新たなるSWの物語が展開されます。

 

本記事執筆時点ではまだ完結していないので、内容にはあまりふれず、続編が出来た経緯を。

 

創造神ジョージ・ルーカスによるSWの物語は、前述のように元々9部作の構想でしたが、エピソード6が終わった時点で「SWは6で終わり」と明言され、変更された過去があります。

 

小説等のスピンオフでは、その後を描くものがSWユニバース的に"正史“として扱われてきましたが、ルーカスが権利をディズニーに売却したことから、ファンと遥か遠い銀河系に激震が走ります。

 

ファンの間では長い間「6で完結」していたものが、続編の可能性が出てきたことで大きく物議を醸します。

 

ルーカスの手を離れることや、配給がそれまでの20世紀フォックスではなくディズニーになることなど、様々な不安があるなか、2015年ついにエピソード7が公開。

 

なんだかんだで面白かった(笑)

 

まぁ色々不安だったけど、

 

レイが美人だからそれでいい

うん、ぼくはこの3部作も楽しめる。

レイ役のデイジー・リドリーさん、個人的にどストライクですありがとうございます。

 

まとめ

SWの世界は広く、中学生の頃から20年以上ファンであるぼくでさえ、このユニバースの全貌は掴めていません。

それだけ深いのです。

 

ディズニーが権利を持ったことで、今後もたくさん作られて、さらに深くなっていくでしょう(笑)

 

だからと言って、今さら見られない映画なんてことはありません。

 

何故ならSWは、古来より人類が愛した神話的な要素が強く、いつの時代も愛される王道の物語だからです。

 

なので、今からでも十分楽しめます。

 

何かと比較することなく、子どものように純粋な気持ちで楽しむことが肝要です。

 

さぁあなたもエピソード4の冒頭、タンティブIV(現在はタナヴィーIVと言うらしい)を追走するスター・デストロイヤーのデカさに圧倒されてください。

 

そこからSWユニバースのすべては始まります。

 

参考になれば幸いです!

フォースとともにあらんことを!!

★ 読者になってくれるとすごく嬉しいです^^ ★