★ さとりずむ ★

Amazonプライム・ビデオを中心とした映画レビューブログ。そのほかにも音楽や書籍、育児ネタなどの雑記もあるよ!

映画『ジュラシック・パーク』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル3』徹底レビュー!
映画『オールユーニードイズキル』レビュー!
アニメ『ゆるキャン△』レビュー!

過去絵さらしてみる。その2:デザイナー時代編

f:id:satorism:20180803123006j:plain

はいどーも!さとる(@satorism0321)です!

『過去絵さらしてみる』シリーズ第2弾!
今回は2002~2005年までの3年間、ぼくがデザイナーとして働いていた時代の作品をご紹介するぞ!!

今回は仕事で描いたやつメインで、次回以降に趣味で描いたものを紹介していきたいと思う!

第1弾のリンクは記事下にあるので、そちらもチェックしてみてほしい!

 

2-1:デザイン事務所時代

ぼくが初めて就職したのは、名古屋にある小さいデザイン事務所。
世間が日韓共同開催のサッカーワールドカップで盛り上がってた、2002年の6月頃のことだ。

毎日終電。月給10万。仕事を家に持ち帰って徹夜作業。
とにかくしんどい毎日だったんだけど、結局その事務所は経営縮小により、わずか3ヶ月で希望退職することになった。

国交省プレゼン用イラスト

f:id:satorism:20180803123707j:plain
2002年 / Adobe Illustrator 8.0 + Adobe Photoshop 5.0

まだ駆け出しのペーペーだったぼくに、当時の上司に言われて描いたもの。
イラレで作って、フォトショップでボカしたりしたと思う。
当時のイラレにはまだそういう機能はなかったので、ソフトをまたぐ必要があった。

(今のやつにはあんのか?)

これは国交省のお仕事で、河川工事か何かの計画用にキャラを作って欲しいという依頼だった、と思う。
新聞にも載るということで張り切って描いたが、結局上司は「ぼくに描かせただけ」で、自分のものだけをクライアントに提出、納品した。

まぁ入社したばかりの新人にいきなりそんなデカい仕事はさせんだろうけどもさ・・・一応見せて欲しかったなぁ。

後日、その上司の描いたキャラクターは新聞広告として載っておりましたとさ。

スポンサーリンク

2-2:出版社時代

デザイン事務所を辞めたあとに就職したのが出版社。
自社媒体向けに色々カットイラストを描かせてもらった。

ぼくの絵描きとしての夢の1つは、「自分のイラストを本に載せる」だったので、この会社でそれが実現することになる。

夢って叶うんだな(遠い目

求人広告用も含めるともっと沢山あるんだけど、データとして残ってないのが残念。
もちろん社内での依頼なので、イラスト料などというものは発生していない。

ちなみにここも毎日終電で、泊り込むことも何回かあった。
それがイヤで会社の近くに一人暮らしを始めるものの、深夜に帰るのが当たり前の生活に。
デザイン業界とは、そういうところである。

職場の上司との恋愛はアリ?

f:id:satorism:20180803124739j:plain
2004年 / コピック

自社媒体としてOL向けの新聞も扱っていたので、コラム用に編集者に依頼されたやつ。

当時話題だった安野モヨコ氏のマンガ「働きマン」を意識して描いて欲しいと言われたので、こういうタッチに。
たぶん、職場の上司だか同僚だかとの恋愛ってアリ?みたいな感じのコラムだったと思う。

自分では結構いいデキなんじゃなかろうかと思ってたんだけど、当時の編集長に「マンガっぽすぎるからダメ」と言われてボツに。

いや担当者は「マンガっぽく」って言うてたんやで・・・?

あいつ、マジ許さん。

仕事の合間を縫って一生懸命描いたやつなので、その辺の頑張りに対しての労いは欲しいものだ(笑)

デキる男

f:id:satorism:20180803125303j:plain
2004年 / コピック

これもOL向け新聞のコラム用で、こちらは掲載となって世に出た。
確か「デキる男特集」みたいなやつで、多趣味な男を描いて欲しいという依頼だったように思う。

専門学校時代の同級生であり、ぼくの紹介で2004年から一緒に働くことになった同級生との合作。
彼が顔の部分を描き、ぼくがそれ以外を描いて、後から合成したやつ。
塗りはたぶん彼だったと思う。ぼくはこんなに上手くハイライトを入れられない。

デキない男

f:id:satorism:20180803125835j:plain
2004年 / Adobe Photoshop 7.0

これも自社媒体である、ママさん向けの雑誌用のカットイラスト。

採用されたかどうかは覚えてない。
モノクロ版もあったことから、恐らくモノクロページで使われたんじゃないかなぁ。

どういった依頼で描いたかまったく覚えがない(笑)

2-3:趣味編

この時代に、趣味として描いたものを1つだけ紹介しておこう。
ほかのものは次回にまとめて紹介しようと思う!!

じいちゃんとの思い出

f:id:satorism:20180803130342j:plain
2004年 / Corel Painter 8

2003年末に亡くなった、ぼくのじいちゃんを描いたやつ。
ぼくが高校1年のときまで飼ってた犬も一緒に描いてある。犬の散歩はじいちゃんの日課だったからな!

しばらく仏壇に飾ってあったんだけど、いつの間にかなくなってた。
オカンが捨てたんだろうか。

この頃はペインターというソフトを使って、水彩っぽい塗りにハマってた時期である。

ちなみに、ワンコ映画記事『僕のワンダフル・ライフ』用に先日描いたのはコレ。

f:id:satorism:20180726235448j:plain

うーん、成長してるんだろうか。よくわからんな。
上のやつを思い出して描いたものなので、似ていて当然なのだ。

最後に

「過去絵をさらしてみる」シリーズ第2弾、いかがだっただろうか。

今回は2002年~2005年までの、ぼくのデザイナーとしての3年間に描いたやつの一部をご紹介した。

データが残っていれば求人広告用のイラストも紹介できたんだけどなぁ。
依頼を受けてから、30分~1時間程度で仕上げて納品しろというムチャなやつが沢山あったのに(笑)
もちろん、クオリティはそれなりである。急いで仕事しちゃいかんの。いい仕事しようと思ったら、焦らずやらないとね。

次回は、
趣味で頑張る編・前編
をお送りする。

それではまた!アディオス!!


第1回も見てくれよな!

www.satorism.net