★ さとりずむ ★

映画、音楽、書籍、ゲームのレビューを綴ったブログであります。

*** 現在リニューアル中です ***

2019年モデルMacBookAirレビュー。13インチRetinaは思ったより使いやすかった!!

f:id:satorism:20190811072755j:plain
はいどーも!さとる(@satorism0321)です!

2019年モデルの
MacBook Air買ったよ!!

ブログ用のサブPCとして安価なWindowsノートを買うつもりでしたが、妻と話し合った結果「どーせならオシャンティなやつにしよう」ということでMacを買うことに致しました。

めっちゃ悩んだけどね、やっぱり
満足感が違うね!!!
・・・で、「Mojave」ってなんて読むの?

スポンサーリンク

 

外観ギャラリー

まずはダンボールから

f:id:satorism:20190811072819j:plain

これまでにMacは3回買ったけど、今回は初めてAppleオンラインストアで購入してみました。
注文の翌日くらいに届いたかな?かなり早かったです。

元箱がふつくしい

f:id:satorism:20190811072829j:plain
元箱はAppleらしいシンプルなデザイン。美しいです。

iPhoneユーザーの方はわかると思うけど、元箱はiPhone同様かなりしっかりしています。凶器になり得る硬さです。角がヤヴァい。

いざ開封

f:id:satorism:20190811072840j:plain
ドォーーーーーン!!

開封すると同時にリンゴマークが!主張しますねぇ・・・!

カラーはシルバーを選択

f:id:satorism:20190811072851j:plain
カラーはシルバーを選択。付属品はThunderbolt 3(USB-C)の充電器とケーブルのみ。

個人的にはカラーはスペースグレイが良かったんだけど、妻がどうしてもシルバーだと言い張り、結局ぼくが押し切られる形に。

再生アルミで作られたボディは手触りも良く、この辺りのプロダクトデザインの美しさはやはりAppleといったところでしょうか。

ちなみに128GBモデル(税別119,800円)を選択しました。
基本的にはブログ用と割り切ってるので、ストレージもこれくらいあればいいかな?と思ってます。足りなくなってきたら、外付けやクラウド併用でなんとかなるでしょ(てきとう

Retinaもふつくしい

f:id:satorism:20190811072900j:plain
RetinaディスプレイになったMacは初めてですが、めっちゃ画面綺麗。発色もすごく良いですね。

 

どーでもいい話だけど、ドックのアイコンってデフォルトだとグワーッてならなくなったんスね。ちなみに、システム環境設定→Dock→拡大にチェックするとなります。

サイドはすっきり

f:id:satorism:20190811072913j:plain
左側面はThuderbolt3のポートが2つ。
USB Type-Cと何が違うかはよく分かりません( ´_ゝ`)

f:id:satorism:20190811072923j:plain
右側面にはイヤホンジャックのみ。

シンプル極まりない。
ブログ用に使うだけなので、このシンプルさがとても良いと感じてます。

旧iBookとの比較

f:id:satorism:20190811072935j:plain
旧iBookとの比較。
2007年頃に買った15インチモデルだと思います。2009年にSnowLeopardにアップグレードして、2012年にWindowsのデスクトップを買うまでこれ1台で頑張りました。

f:id:satorism:20190811072946j:plain
インチ数が違うので単純比較はできませんが、小ぶりになってますね。
今回の記事を書くにあたって改めて触ってみたけど、旧iBookはデカくて重いです。アップルマークが発光しなくなったのは残念ですねぇ。

f:id:satorism:20190811072957j:plain
横から。
半分くらいの薄さになってます。SSDに変わった恩恵ですかね。

で、使い心地は実際どうなんよ?

f:id:satorism:20190811072806j:plain
ドヤるならMac一択。スタバで使おうもんなら、デキるオトコ感がゴイスー。
※あくまでも「感」であることに注意。


ぼく的には約7年ぶりとなるMac。
まだ使って数日ですが、ここからは個人的なファーストインプレッションをお届け。購入の際の参考になれば幸いです。

13インチは絶妙な大きさ

新型MacBook Airのディスプレイは13.3インチ。

解像度2560×1600(WQXGA)、400万ピクセルで表示可能なRetinaディスプレイはとても美しい。我が家にある、フルHD(1920×1080)のWindows用ディスプレイと比べても発色がよく、液晶が光沢のせいか少し彩度が高く見えます。
10数年前にデザイン業界にいた時は、MacとWindowsだとデフォルトの色温度(ケルビン)とガンマ値が違うので色味がかなり変わって見えるという話だったんですが、現在のものはそれほど差がないかな?と感じます。まぁ当時はOS9→OSX、WindowsはXP→Vistaの移行期くらいでしたので、一昔以上前の話ではありますけれども。

さて、ディスプレイのサイズ。
ぼくは絵を描くし、当初は15インチくらいある方がいいかなぁと思ってたんだけど、実際に使ってみると絶妙な大きさでとにかく使いやすいと感じましたね。

軽くて薄い。持ち運びしたくなる

重さ1.25kg、薄さ15.6mm。
大きさは幅30.41cm、奥行き21.24cmで、A4用紙(29.7×21.0cm)とほぼ同じ大きさです。

旧iBookはデカいし重いしで持ち運びもしんどかったけど、新型MacBook Airはめちゃくちゃ薄くて軽いですね。
実際、いまこの記事も妻の実家帰省の際に持って行って書いています。

バッテリーの持ちも良い

最大12時間駆動とされているバッテリーもいいですね。
この記事を書いている際にチラチラ電池残量を見てますが、全く減ってる感じがしないw

音質も良い

Youtubeしか見てないけど、音も良くなってますね。
旧iBookの時はこもった感じで抜けも良くなかったけど、新型は低音も効いてるし、かなりクリアに聞こえるもんだなぁと感じました。

映画も見てみたいですね!

発熱してんのこれ?

2時間近く記事を書いてますが、全く発熱を感じません。
底の部分がほんのり温かいくらい。動画視聴等だとまた変わるんでしょうが、ネットサーフィンやブログライティングなら全く気にならないレベルかと。

旧iBookはブログ書いてるだけでもかなり熱を持ってたので、この進化っぷりは正直すごい。

アルミボディは美しいが

再生アルミによるボディはとても美しく、所有感を満たしてくれますが、やはり傷が付きそうで怖いですね。
買って数日ですが、底の部分にはうっすら擦り傷みたいなものが見えます。うちは小さい子供もいるし、気をつけないとがっつりいってしまいそうです。

カバーなりケースがあるといいかもしれませんね。

ぼくはコレのクリアを買おうかなと思っております。買ったらまたレビューします。

キーストロークが気になる

キーボードのキーストロークはかなり浅め。
ここにキーがあるんだぞ、と主張するかのような深めのやつがぼくは好みなんですが、まぁノートPCだから仕方のないところではありますね。

旧iBookも浅いなぁと感じていたのだけれど、さらに薄くなってる感じなので最初はちょっと打ちにくいと感じました。ほぼフラットだもんね。でも慣れると結構スムーズに打てていい感じです。要は慣れです(投げやり

Touch IDが地味に便利

2018年以降のモデルから搭載された、Touch ID。いわゆる指紋認証です。
本体右側、ファンクションキーの横についてます。

起動時はダメだけど、スリープからのロック解除は指紋でOKです。iPhoneもそうだけど、これが地味に便利w

電源ケーブルは

新型MacBookの電源はThunderbolt3(USB-C)に刺すんだけど、ちょっと固めな感じですかね。コネクタ痛めそうで正直怖いw
先代の旧iBookは電源ケーブルがマグネットみたいにくっつくタイプだったんだけど、あれが良かったなぁ。足引っ掛けてもパッと取れて安全なんですよね。

先先代のiBookの時(OSXがリリースされた頃の機種)も刺さるタイプで、何度か引っ掛けて本体ごとグワシャーー!!と行ったので、今回も気をつけねばなりません。
ただ、バッテリーの持ちが旧機種と比べて段違いに良い感じなので、充電時のみ子供が入らない部屋で行う等気をつければ問題なさそうです。

まとめ

お値段は確かにWinマシンと比べると高いけど、満足感はかなりのもの。
フルアルミボディはやっぱりいいですねぇ。プラスチックじゃこうはいかない。

まだ負荷をかけた作業はやってないのでその辺はなんとも言えませんが、ブログライティングやネットサーフィン、YouTube視聴はサクサク動いて使いやすく、かつ本体も軽量でコンパクトなので持ち運びも楽なので、とても使いやすいと感じてます。

何よりもドヤれる!!
近くにスタバないのでやりませんが。

ぼくにとっては久々のMacなので、まずは慣れないとだな・・・w
ちなみに今回の記事はイラストと写真の処理以外は全てMacBook Airで行いました。

以上、2019年モデルのMacBook Airレビューでした!参考になれば幸いです^^