★ さとりずむ ★

Amazonプライム・ビデオを中心とした映画レビューブログ。そのほかにも音楽や書籍、育児ネタなどの雑記もあるよ!

映画『ジュラシック・パーク』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル3』徹底レビュー!
映画『オールユーニードイズキル』レビュー!
アニメ『ゆるキャン△』レビュー!

『ワン・モア・ライト』:ありがとうチェスター。ぼくは君のことを忘れない。

どうも、さとる(@satorism0321)です!

f:id:satorism:20180720085742j:plain

みなさんは、チェスター・ベニントンという男をご存知だろうか。

2017年7月20日。自らの手でこの世を去ったこの男は、2000年にデビューして以降、全世界で多くのファンを熱狂させてきたバンド「リンキン・パーク」の元ヴォーカルである。

1998年にX JAPANのhydeが亡くなったとき、ファンによる後追い自殺が何件かあったように思う。ぼくからしてみれば、「いくらファンだからって、そこまでするか?」と思ったものだ。

だけど、2017年にチェスター自殺の報を聞いたとき、ぼくは(自分でも思っていなかったほどの)深い悲しみを感じた。
後追いこそ考えなかったけど、心にぽっかりと穴が開くような、でも家族や親族を失ったときとは違う感覚で、なんともいえない喪失感だった。
あぁこれは、熱狂的なファンならばこの喪失感に耐えられず、自死を選ぶことがあっても無理はないのかもな、と思ったものだ。

心の支えや、拠り所にしていた人であればなおさらだろう。

そう、ぼくにとってチェスター・ベニントンという男は特別で、心から敬愛するヴォーカリストの1人であった。
そんな彼への追悼の意味も込めて、今日は遺作となったアルバム『ワン・モア・ライト』を紹介したい。

LINKIN PARKについて

f:id:satorism:20180719090433j:plain

さらっとバンドについて触れておこう。

メインヴォーカルのチェスターと、主にラップを担当するマイクによる2MC+DJというちょっと変わった構成のバンド。

2000年10月に1stアルバム『ハイブリッド・セオリー』でメジャーデビューするが、このアルバムが世界中で売れに売れて、現在までに2000万枚以上のセールスとなっている。
初期は「ミクスチャーロック」というジャンルに分類され、当時シーンを牽引していたリンプ・ビズキットと双璧を成すバンドに一躍成長したが、3rdアルバム以降は大きく路線を変え、特定のジャンルにはまらないスタイルを模索し始める。

アルバムごとにかなり違ったサウンドメイクが楽しめるのも特徴。
良く言えばマンネリ化せずに毎回新鮮なんだけど、悪く言えば合わないアルバムは合わないというね。

メンバーは以下のとおり。

  • チェスター・ベニントン:メインヴォーカル
  • マイク・シノダ:ヴォーカル、ギター、キーボード
  • ブラッド・デルソン:ギター
  • フェニックス:ベース
  • ジョー・ハーン:DJ
  • ロブ・ボードン:ドラムス


DJのジョー・ハーンはガンダムファンでもあることから、4thアルバム『ア・サウザンド・サンズ』はガンプラ(ガンダムのプラモデル)付きのバージョンも発売された。

ちなみにマイク・シノダは日系3世。残念ながら日本語は話せないらしい。

親友の自殺が引き金か

f:id:satorism:20180719094012j:plain
チェスターの親友であったクリス・コーネル。2017年5月死去。

クリス・コーネルといえば、元サウンドガーデンのヴォーカルであり、ザック・デ・ラ・ロッチャ脱退後のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの後身バンド、オーディオスレイヴの元ヴォーカルでもある。
ソロ作としては、6代目ボンドであるダニエル・クレイグの初登板作「007/カジノロワイアル」の主題歌「You Know My Name」でも有名。

彼の死因もまた、自殺であると見られている。
チェスターが自殺したのが彼の誕生日である7月20日であったことから、後追いだったんじゃないかと言われている。

チェスターにとってクリスは、最も尊敬するヴォーカリストだった。

リンキンとワンオク

f:id:satorism:20180720093209j:plain

若者に人気のバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」のヴォーカル、Takaとも交流があったそうだ。
Takaはチェスターの死後、自身のSNSで悲痛な思いを綴っていたらしい。

また、チェスター追悼ライブにも出演している。
その時の動画は記事下の方で紹介しているので、そちらも併せて見てもらえればと思う。

チェスター最後のアルバムはとてもポップな仕上がりに

f:id:satorism:20180719093445j:plain

『ワン・モア・ライト』(原題:"One More Light")2017年

チェスターにとって遺作となった本作は、それまでのリンキン・パークの特徴であったへヴィなサウンドとは違い、非常にポップな仕上がりとなっている。

初めて聴いたときは、「なんじゃこりゃ!これがリンキンか?」と思ったものだ。
アルバムは今でもすべて持っているが、やっぱりこのアルバムだけはちょっと他とは違っていて、リンキン・パークの中でも最も気軽に聞ける1枚だと思う。
また、2016年にブレイクしたアメリカ人女性歌手、キアーラがフィーチャーされた楽曲も話題になった。

ファンとしては、それまでのへヴィなサウンドが聴きたかったと思う半面、「チェスターのヴォーカルを前面に出す」作りになっていることが、今となってはありがたい。思う存分、彼のヴォーカルを堪能できるのだ。

「チェスターの歌、やっぱりいいわ」って改めて思うし、彼のいないこの世界においては、なおさらぼくの心に沁みるのである。

MVがYouTubeにあるものに限り、収録されている楽曲を少し紹介しようと思う。

Heavy

youtu.be

先述の女性シンガー、キアーラをフィーチャーした曲。
美しいバラードに仕上がっている。

Good Goodbye

youtu.be

チェスターのヴォーカルと、マイクのラップが聴ける一曲。
初期の頃はこのパターンが多かったけど、最近作ではあまりなかったね。

アメリカのラッパーであるプシャ・Tと、UKラッパー・ストームジーをフィーチャーしている。

Battle Symphony

youtu.be

「戦いの交響曲」とでも訳すのか、不思議なタイトルの曲。
なんか聴いていて心地よい。

One More Light

youtu.beぼくが今回最も聴いて欲しい曲が、アルバムタイトルにもなっているこの曲だ。

メンバーの友人であり、スタッフの一人でもあった女性がガンで亡くなったことを受けて作られた曲。
歌詞の良さも去ることながら、チェスターの歌声がこの上なく美しい。

非公式だが、和訳歌詞付きの動画もどうぞ。

youtu.be
チェスターを失った今、この曲の歌詞は本当に深く沁み入る。
歌詞見てるだけで泣けてくるぞ、ぼくは。

先述のワンオク版もあるので、併せて見てもらいたい。

youtu.be

最後に

f:id:satorism:20180719112306j:plain
リンキン・パークは、ぼくにとってはデビューからチェスターの死までの17年間、ずっとずっと追いかけて聴いてきたバンドだった。

チェスター・ベニントンという男を失った今、このままリンキン・パークが終わるかどうかはわからないけど、彼が残した歌声はいつまでもファンの心に響くだろう。

これから聴いてみたい!という方向けに、今回の記事とは別にオススメ曲を紹介する記事も書きたいとも思っているので、そちらも見て頂ければ幸いだ。

一人でも多くの人に、チェスターの歌声が届くことを願っている。




ありがとうチェスター。ぼくは君のことを生涯忘れない。
どうか、安らかに。

Chester Bennington, R.I.P