★ さとりずむ ★

Amazonプライム・ビデオを中心とした映画レビューブログ。そのほかにも音楽や書籍、育児ネタなどの雑記もあるよ!

映画『ジュラシック・パーク』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル』徹底レビュー!
映画『ミッション:インポッシブル3』徹底レビュー!
映画『オールユーニードイズキル』レビュー!
アニメ『ゆるキャン△』レビュー!

アニメ『ゆるキャン△』:見たらわかる。これ絶対キャンプ行きたくなるやつやんっ!!

f:id:satorism:20180701161956j:plain

おっす!さとる(@satorism0321)でっす!

ぼくは小学4年~中学3年までの6年間、ボーイスカウトをやっていました。
そこでキャンプやアウトドアの楽しさを知って、ボーイスカウトの活動以外でも友達と年に数回だけどキャンプに行ってたんだよね。

最後に行ったのは23歳の頃だったかなぁ。
あれから15年以上キャンプに行ってなかったんだけど、最近ムクムクとアウトドアしたい病が出てきているのである・・・!

今日は、そのキッカケになったアニメのおはなし!

冬の寒さにも負けず、がんばるJK!

f:id:satorism:20180701163219j:plain
『ゆるキャン△』:2018年日本 オススメ度:★★★★★

このアニメを見てしまったせいで、ぼくの中のキャンプ魂が再燃しているのであるッ!!

こんな素敵なアニメが、Amazonプライムにあるからいけないんだァーー!

ぼくはアニメ好きなんだけど、昨今のいわゆる「萌えアニメ」は興味がなくてスルーしてたのね。でも、

見てみると案外面白いな

と思っちゃった(=ω=

妻からの冷たい視線をよそに、勢い余って原作コミックまで買い揃えてしまったぼく
マンガ自体買うことが珍しいのに、どっぷりとハマってしまっている(笑)

「案外」どころのレベルじゃねぇ・・・!

今日はそんな「ゆるキャン△」の魅力をお伝えできたらいいな、と思います!

どんなお話?

女子高生たちがキャンプを楽しむお話(異次元レベルのざっくり解説)

 

(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵

 

ちゃんと説明しようっ!
山梨県にある本栖高校に通う、ソロキャン好きのリンとキャンプ初心者のなでしこ。

この2人を中心として、野外活動サークル(通称:野クル)の面々がキャンプに行ったり、バイトしたり、道具を買いに行くなど、「キャンプのある」日常を描くドタバタコメディ。


初心者目線で語られるので、予備知識は一切必要なし。
キャンプに関するハウツーも時折入るので、見終わる頃には『キャンプやってみたい!』って気持ちになっていること受けあい。

ただし、彼女たちが楽しげにやっている「冬キャンプ」を実際にやると猛烈に寒いので、初心者が気軽に手を出すべきものではない。それ相応の装備を整えていないとかなり危険だということを、予め承知しておいてほしい。

初心者は気候のいい時期にやるべき。そうするべき。

また、キャンプ経験者目線だと、ツッコミたくなるところもままある。あくまでもアニメということで、温かい目で見て頂きたいと思う( ^ω^ )

主な登場人物

各務原なでしこ(かがみはら なでしこ) 声:花守ゆみり

f:id:satorism:20180701164356j:plain
本編の主人公の1人。野クルメンバー。

静岡県から山梨県へ引越してきた、元気いっぱいのド天然転校生。
富士山を一目見たいがために自転車で出かけた先で、たまたまソロキャンに来ていたリンと出会うことに。

この出会いが、なでしこをアウトドアの世界へと誘うことになる。

志摩リン(しま りん) 声:東山奈央

f:id:satorism:20180701172337j:plain
こちらも主人公の1人。ゆるキャラみたいに、しまりんと呼ばれることも。

シーズンオフにソロキャンを楽しむ猛者だが、野クルメンバーではなく、図書委員をしているのか大体図書室にいる。
お団子ヘアーがトレードマーク。なでしことは対照的に寡黙な性格だが、笑うと超かわいい(*´꒳`*)

なでしことの出会いが、無愛想な彼女の心を少しずつほぐしていくことになる。

キャンプを始めたのは祖父の影響。
祖父(声:大塚明夫)がスネークでは無理もない( ´_ゝ`)

大垣千明(おおがき ちあき) 声:原紗友里

f:id:satorism:20180701173103j:plain
野クルの部長。
男勝りで、アクティブな性格。寡黙なリンからすると苦手なタイプらしい。

極狭な部室(もともとは物置部屋)にいつも嘆いており、広い部室を獲得するため部員数増加を目論んでいる。

犬山あおい(いぬやま あおい) 声:豊崎愛生

f:id:satorism:20180701174149j:plain
野クル部員。通称:イヌ子。
はんなりとした関西弁を喋り、のほほんとした穏やかな性格の持ち主だが、時折エグいホラ話をすることも。
謎の浮遊する眉毛と、皮膚と同化している八重歯を持つ。

爆乳以外はぼくの好みにどストライクな、さとる一押しのキャラである!!

斉藤恵那(さいとう えな) 声:高橋李依

f:id:satorism:20180701210611j:plain
リンの友達で、リンのお団子ヘアーを作っている人。
時々すごい髪型にして遊んでいる。

キャンプには興味があるようだが、出不精なのか外出はあまり好みではなさそうだ。

ちくわ

f:id:satorism:20180701210929j:plain
恵那が飼っているチワワ。時折登場する。

各務原桜(かがみはら さくら) 声:井上麻理奈

f:id:satorism:20180701211423j:plain
なでしこの姉で、大学生。
いつも気だるそうな雰囲気ではあるが、妹をキャンプ場に送迎したり、色々お世話してくれる優しい人。
まるでアッシー君(バブル期の死語)のようである・・・!

登場人物の名前の由来

登場人物の名前はすべて東海地方に由来している。
犬山は愛知、各務原・大垣・恵那は岐阜、志摩は三重といった具合だ。

また、なでしこが元々住んでいたのは静岡県浜松市西部とされており、すぐ隣の愛知県豊橋市に遊びに行ったことがある設定が出てくることから、作者は東海地方の方なんだろうか?と思ってしまう。

ぼくはお味噌県に住んでるので、なんとなーくうれしい(^ω^ )

※ちなみに、なでしこの苗字は劇中で「かがみはら」と呼ばれているが、正しくは「かみがはら」である。

さとる的おすすめポイント

作画のクオリティ高し!

f:id:satorism:20180701221018j:plain
キャラクターのクオリティが非常によろしく、安定した作画を楽しめるのはアニメファンなら嬉しいところ。

色彩もとてもキレイで、彼女たちのファッションやアイテムもとてもかわいらしい。

いい年したおっさんなのに、「アニメの女の子もイイなぁ(*´꒳`*)」とか思ってしまう!
妻には内緒にしておいてくれっ!!

背景とても美し!

f:id:satorism:20180701212932j:plain
第7話「湖畔の夜とキャンプの人々」より、四尾連湖(しびれこ)のキャンプ場。

紅葉に色付き始めた山々が、静かな湖面に映るこのシーンを見てもらえれば分かるように、本作は全編通して背景がとても美しい。
ぼくもかつて冬キャンプをしていた時期があり、本作を見ていると時折「あ、こういう空気感あるな」って思えるところが多々あって、その頃を思い出しては懐かしんでいる。

目的にせよ手段にせよ、キャンプとは自然を相手に行うこと。
だからこそ、スタッフの方は自然の描写には注力されたんじゃないかなぁと思う。

実際にあるもの登場す!

f:id:satorism:20180701215236j:plain
前述の四尾連湖のように、実在の場所が多数登場することも本作の魅力のひとつ。

 

聖地巡りが楽しみだなぁオイ!( ^ω^ )


また、しまりんや野クルメンバーが使っているキャンプ道具も実在のものをモチーフにしていて、アニメを見てキャンプを始めようという方なら思わず「買ってしまう」アイテムになるだろう。

かくいうぼくも、しまりんが使っているコッヘル(なべのこと。画像参照)が欲しいのである(笑)

多分、コールマンのこれをイメージしていると思う↓

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット 2000012957

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット 2000012957

 

 
ちなみに、しまりんが読んでる本は変なのが多い(UFO関連など)ので、そこも要チェックやで!

音楽もすごく良し!

youtu.be

亜咲花さんが歌うオープニングテーマ、「Shiny Days」。

イントロこそジャクソン5の「帰ってほしいの」に激似だけど、とても元気があってよろしいオープニングなのである。まさにこれからキャンプ行くぞーーー!って感じ。

※イントロの件はネット上でも話題になっていて、似てるのは「リスペクトしているから」だそうだ。

youtu.be

佐々木恵梨さんが歌うエンディングテーマ、「ふゆびより」。

タイトル通り「冬の日」を連想させてくれるようなアコースティックサウンドが美しく、透き通るような歌声もとても心地良い。
OPとは対照的にしっとりと聴かせてくれるので、アニメの余韻に浸りながら見終えることが出来るね!

劇中で使われているBGMもいい曲ばっかりだよ!

2人の距離感も縮むし!

f:id:satorism:20180701224603j:plain
ぼくがこの作品を見ていて、本当に「良いな」と思ったのは主人公2人の距離感。

ド天然少女・なでしこに最初は押され気味だったリンが、少しずつ心を開いていく様子が温かく描かれているのです。

2人の絶妙な距離感がとても愛おしく感じるくらい、

あぁ、友達っていいもんだなぁ・・・!!


ってほっこりするよ(=ω=

最後に

1クール全12話。テンポもよく、最後まで飽きることなく見られる作品。
むしろ、続きがどんどん見たくなる(笑)
アニメ放映当時、ぼくはAmazonプライム・ビデオの週1配信で見ていたんだけど、毎週エピソードが追加されるのを心待ちにしていました。

元々ぼくがアウトドア好きっていうこともあったのかもしれないけど、こんなに楽しかったアニメは久しぶりだったね!!

キャンプ好きはもちろん、アウトドアに興味ある人には断然オススメのアニメだよーー!

↓ まずは第1話を見てみようっ!!



↓ 公式サイトもチェックだぜっ!

yurucamp.jp


最後まで読んでくれてありがとー!楽しんでもらえたら幸いです^^

(C)あfろ・芳文社/野外活動サークル 2018